生命保険は収入保障保険がおススメです

私は昨年結婚し、そして先日、第一子が誕生しました。
毎日が幸せいっぱいですが、このまま幸せな生活を送るためには、
将来の万一に備えておかねばなりません。

そういう意味で、私は最近、連日、ファイナンシャルプランナーによる保険の無料相談を受けています。
生命保険のほか、医療保険や学資保険、個人年金保険など、
保険にも色々なものがあるのですが、自分の万一に備えるためには、
やはり生命保険を軸に考えていかねばなりません。

その生命保険にも色々な種類があって、大きく分けると定期保険、養老保険、終身保険があるようです。
私は掛捨てが嫌なので、当初は低解約返戻金付の終身保険への加入を考えておりました。
これは保険料の払込が済めば、それ以降は元本が増えていくというもので、ただ払込期間満了前に、
解約した場合は、解約返戻金が大きく元本を割り込んでしまうという商品です。

貯蓄性があるという点で、このタイプの保険に加入しようと思ったのですが、
よくよく考えると、そもそも保険で貯蓄を考えなくても良いかなって思っています。
また貯蓄性があると言っても、ほとんどが固定利率での運用ですので、
この低金利の状況で固定利率の商品でこの先長期間運用を任せるのも気が引ける思いがしています。
そういうこともあって、私は収入保障型の定期保険に加入することにしました。

これは一定期間のみを保障するもので、解約返戻金も満期金もない掛け捨て保険です。
従来の定期保険と違うところは、従来の定期保険は保障期間中の保障額が一定であるのに対し、
収入保障保険は、保障期間が経過していくにつれ保障額が減額されていくというものです。

保障額が減額されていく理由としては、必要保障額というものは人生において一定ではなく、
子供の成長や自立、その生活状況によって、一般的には減っていくものと考えられるためです。
そのため、保障期間が進めば進むほど、保障に余分が出てしまうことになります。

そういった余分な保障を差し引いたものが収入保障保険であり、従来の定期保険に比べて、
保険料を格段にお安く抑えることが可能です。
生命保険は必要な時に必要な分だけの保障があれば十分です。

保険料支払いで日々の生活が苦しくなってしまうのでは、保険の意味がありませんので、
こういった収入保障保険の出現は、私たちにとっては本当に有り難いことだと思います。

保険は大切です、あまり良い考えではないですがもし保険代を払うのが苦しい時は一時的にアコムACカードで借りて支払いをする方法もあります。

カテゴリー: 生命保険は収入保障保険がおススメです | コメントをどうぞ

生命保険加入理由の移り変わり

私はもうすぐ50歳になりますが就職してからずっと生命保険に入っています。ただしずっと同じ会社のものに入っているわけでは無く何度か見直しを行っています。

最初に生命保険に入ったのは就職して1年くらいたったときでした。その当時昼休みになると職場に生命保険のセールスのおばちゃんたちが大量に押し寄せて来ていました。

最初の頃は特に必要性とか感じていませんでしたが同僚の何人かが加入したり、先輩に聞いても入っていた方がいいとか言われたりしてなんとなく入ってしまったという感じでした。

死亡保険金も1000万円程度で独身なので当然受取人は私の親です。入院とか手術の保障も軽めのものでした。保険料もそこそこで納得できる額でした。
その後何年かが経ち、結婚して子供が出来ました。
それを契機に生命保険を見直すことにしました。

世間一般の常識からしても自分が死んだ場合のことを考えると当然保証はそれなりのものを考えるようになりました。死亡保険金は5000万円にして入院、手術等のオプションもたくさんつけてしまいました。特に癌とか成人病を保障する項目がたくさん増えました。

保険料も結構な額になり家計に占める割合も前回よりも3倍くらいになってしまいましたが周りの知り合いとかに聞いてもだいたいそんなものでした。
あまり選択肢も多くなかったと思います。

そして数年前ですがその保険の転換時期にさしかかりました。そのまま保険に入っているととんでもない額の保険料を払わなければならず大変慌ててしまいました。契約時にそのような話は聞いているはずなのですがずっと先のことだと思っていたのでしょう。

保険料を減らすために生命保険料を減額するプランとか提示されましたがそれでも結構な金額でした。
迷っていたところネットで入れる生命保険のことをテレビで特集していました。そのとき今後もしものときにいくら必要なのかとか改めて考えてみたところ今の保険は保障内容が過剰であると判断しました。
色々不安はあったのですが現在はそのネットで入れる保険にしています。

ネットで保険を探してる時にキャッシングの広告をよくみかけました、もしお金に困ったときに消費者金融などでお金を借りる時があるかもと思い、調べてみたら大手グループのカードローンがあり、これなら安心して困った時に借りれると思ったので、みなさんがもしお金が急に必要な時はプロミスキャッシングをオススメします。

カテゴリー: 生命保険加入理由の移り変わり | コメントをどうぞ